Skip to content

2次曲線導入(数学Ⅲ) | ClassPad.net

授業例

2次曲線導入(数学Ⅲ)

対象学年:高校三年生
教科:数学Ⅲ
単元:式と曲線
作成者:高校教師
更新日:2022年3月31日

 

■授業概要

2次曲線についての定義、概形を理解することを目的とします。数学ツール「ClassPad Math」を用いることで、定義や概形を視覚的に示すことができるので、生徒のより深い理解を促すことが可能です

■ClassPad.net活用のポイント

・数学ツール「ClassPad Math」の利用で
 1. 2次曲線の概形について視覚的に捉えることで、生徒の理解を促すことができる
    2. スライダーを動かすことで、離心率と2次曲線の関係について学ぶことができる

・授業支援機能の利用で
 1.  数学ツール「ClassPad Math」で作成したふせんを簡単に生徒に配布をすることが可能である

■活用法動画(展開部分)

■指導案(詳細はダウンロードしてご覧ください)

指導案(三次関数のグラフの最大値・最小値)

■授業の流れ

STEP1: 例題を生徒に配布しましょう
STEP2: 数学ツール「ClassPad Math」を用いて、例題を視覚的に理解させましょう
STEP3: 類題を生徒に配布し、考えさせましょう
STEP4: 2次曲線と離心率の関係を解説し、次回以降の授業を説明しましょう

◇STEP1: 例題を生徒に配布しましょう

例題を記載したふせんを投影し、生徒に説明します

【POINT】数学ツール「ClassPad Math」を活用することで板書の時間を節約することができます

◇STEP2: 数学ツール「ClassPad Math」を用いて、例題を視覚的に理解させましょう

概形を理解するために、視点を変えて生徒に説明をします

【POINT】例題を視点の異なる考え方に置き換え、生徒に示します

◇STEP3:類題を生徒に配布し、考えさせましょう

3-1:  例題を元に生徒に類題を考えさせます

【POINT】事前に用意しておくことで、板書やプリントの配布の手間を省くことができます

3-2:  ふせんを生徒に配布し、解法を考えさせます

【POINT】数学ツール「ClassPad Math」で作成したふせんを生徒に配布をすることも可能です

◇STEP4: 2次曲線と離心率の関係を解説し、次回以降の授業を説明しましょう

4-1: スライダーを動かしながら、2次曲線が変化する様子を確認します

4-2: さらにスライダーの値を変化させます

【POINT】スライダーの値を変化させ、2次曲線の形が変化することを示します

お問い合わせ・お申し込み

サービスに関するお問い合わせは
こちら

※トライアル版お申し込みは教師、学校・自治体関係者に限らせていただきます

トライアル版のお申し込みは
こちら

こちらも
ご覧下さい

Select a location