Skip to content

羅生門(現代文) | ClassPad.net

授業例

羅生門(現代文)

対象学年:高校一年生
教科:現代文
単元:羅生門
作成者:高校教師
更新日:2022年3月31日

 

■授業概要

本文(羅生門)を通じて、芥川龍之介、単語の意味等についての理解を深めます。また、小説に描かれている登場人物の心情や情景などを読みとり、場面の展開に即した登場人物の心情の変化がわかるようになることを目的とします

■ClassPad.net活用のポイント

・オンライン辞書機能の利用で
 1. 言葉の意味を簡単に調べることができる
 2. 副教材として地図等の補足情報を見せることで、本文の情景のイメージを手助けする

・デジタルノート機能、授業支援機能の利用で
 1. テキストの作成・配布機能を使うことで、授業準備(印刷、配布)を効率化し、授業に集中することができる
 2. 印刷物の配布や板書にかかる時間を短縮できる

■活用法動画(展開部分)

■指導案(詳細はダウンロードしてご覧ください)

指導案(刻舟求剣)

■授業の流れ

STEP1: 本文を配布し、内容を確認しましょう
STEP2: 本文中で使われる単語を生徒に調べさせ、記入させましょう
STEP3: 便覧を使い、地図等の補足情報を見せることで、本文の情景等をイメージさせやすくしましょう
STEP4: 単語の意味をそれぞれ説明し、本文中以外の意味も学習させましょう

◇STEP1: 本文を配布し、内容を確認しましょう

【POINT】テキストを作成し、必要に応じて編集を行うことができます
 

◇STEP2: 本文中で使われる単語を生徒に調べ、記入させましょう

2-1:調べてほしい単語のワークシートを生徒に配布します

【POINT】ワークシートを事前に作成することで、印刷・配布などの時間を削減することができます
 

2-2:調べてほしい単語を何度も復習できるように生徒のノートに保存させます

【POINT】保存をすることで繰り返し学習することができます
 

2-3:模範解答の作成も行い、配布します

【POINT】模範解答も配布することで時間の短縮につながります
 

◇STEP3: 便覧を使い、地図等の補足情報を見せることで、本文の情景等をイメージさせやすくしましょう

【POINT】地図だけでなく、場所(羅生門)等の説明文も見せることでより効果的に学習することができます
 

◇STEP4: 小説の舞台の整理をさせるワークシートを生徒に配布し、課題にしましょう

4-1:ワークシートを生徒に配布し、解かせましょう

【POINT】ワークシートを事前に作成することで、印刷・配布などの時間を削減することができます
 

4-2:しばらく時間を取ったあと、ワークシートの答えを配布しましょう

【POINT】模範解答も配布することで、板書にかかる時間の短縮につながります
 

お問い合わせ・お申し込み

サービスに関するお問い合わせは
こちら

※トライアル版お申し込みは教師、学校・自治体関係者に限らせていただきます

トライアル版のお申し込みは
こちら

こちらも
ご覧下さい

Select a location