Skip to content

身近なものを描く(美術) | ClassPad.net

授業例

身近なものを描く(美術)

対象学年:高校一年生
教科:美術
単元:身近なものを描く
作成者:高校教師
更新日:2022年3月31日

 

■授業概要

身近なものの特徴、魅力、面白さを伝えられるよう、他の作品を鑑賞して構図の違いを学習します。次時以降、身近なものを実際に描くために、本時ではカメラふせん機能を使用して、モチーフの撮影を行います。

■ClassPad.net活用のポイント

・デジタルノート機能の利用で
 1. 効率的に様々な媒体の教材の共有ができるため、イメージをふくらませることができる
 2. 板書の手間を省き時間短縮ができるため、撮影の活動に時間を多く割ける

・授業支援機能の利用で
 1.  課題をオンラインで配布することで、容易に回収ができる
 2.  授業内で生徒が撮影した写真も即座に回収が可能である
 

■活用法動画(展開部分)

■指導案(詳細はダウンロードしてご覧ください)

指導案(三次関数のグラフの最大値・最小値)

■授業の流れ

STEP1: 本時の予告をしましょう
STEP2: 構図の違いを学習しましょう
STEP3: 実際に撮影してみましょう

◇STEP1: 本時の予告をしましょう

1-1: 持参したものについて確認します

【POINT】板書代わりに使うことで、板書の時間の短縮を図ることができます
 

1-2:本時の活動と注意点を伝えます

【POINT】テキストふせんに書き込み、注意点をわかりやすく伝えることが可能です。

 

1-3:本時のワークシートを配布します

【POINT】課題の配布と提出が簡単にできます
 

◇STEP2: 構図の違いを学習しましょう

2-1: 構図の違いを確認します

【POINT】様々な教材を使用してイメージをふくらませること手助けをします。

 

2-2:構図に注意して作品の鑑賞をします

【POINT】教科書にはない作品の紹介も可能です

 

◇STEP3: 実際に撮影してみましょう

【POINT】カメラふせんで撮影することで、その場ですぐに提出が可能です
 

お問い合わせ・お申し込み

サービスに関するお問い合わせは
こちら

※トライアル版お申し込みは教師、学校・自治体関係者に限らせていただきます

トライアル版のお申し込みは
こちら

こちらも
ご覧下さい

Select a location