Skip to content

文構造<第2文型>(英語) | ClassPad.net

授業例

文構造<第2文型>(英語)

対象学年:高校一年生
教科:英語
単元:文構造(第2文型)
作成者:高校教師
更新日:2022年1月20日

 

■授業概要

単語ミニテストの問題と解答を配布しClassPad.netのオンライン辞書機能を使い、重要な単語の解説を行います。文構造について、第2文型の概要をまとめたふせんを配布し辞書や文法書を同一画面で整理しながら効率的に学習を進めます。

■ClassPad.net活用のポイント

・オンライン辞書機能の利用で
 1. 辞書で調べる時間を短縮し、効率的に授業を行うことができる
 2. 辞書、文法書の内容を画面上に一括管理することで、視点がばらけず効果的に学習できる

・デジタルノート機能の利用で
 1. 透明ふせんを用いることで、他のふせんと重ねてみることができ、また着脱ができるため段階的なイメージを掴みやすい
 2. ClassPad.net内で授業を完結することができるため、授業時間を効果的に活用できる

・授業支援機能の利用で
 1.  前回の復習や本日の学習の問題や解答を生徒に配布し効率的に授業を進めることができる

■活用法動画(導入部分)

■授業の流れ

STEP1: 単語ミニテストの問題と解答を生徒に配布し、間違えた問題を確認します

STEP2: 重要な単語の解説を行い、辞書の説明を見ながら確認します

STEP3: 前回の授業では「自動詞と他動詞」と「5文型の概要」について学習しました

STEP4: 本日は<文構造>について、<第2文型>の学習の概要をまとめたふせんを配布、続いて透明なふせんも配布し、ふせんを重ねながら確認します

STEP5: SVCの文型で用いられる動詞のふせんを配布し、学習します

STEP6: 「総合英語 Evergreen」(いいずな書店)にあるSVCの文型で用いられる動詞を暗記します

◇STEP1: 単語ミニテストの問題と解答を生徒に配布し、間違えた問題を確認します

1-1:単語についてのテキストを投影し、生徒と共有します

【POINT】ノートはあらかじめ授業前に作成しておくと、板書の手間が省けて効率よく授業が進みます

◇STEP2: 重要な単語の解説を行い、辞書の説明を見ながら確認します

2-1:オンライン辞書機能を利用し、単語の理解を深めます

【POINT】事前に単語の準備をしておくことで、生徒が辞書を調べる時間を短縮でき、効率的に授業をすすめることができます
※)配布機能を使い、生徒に共有することができます

◇STEP3: 前回の授業では「自動詞と他動詞」と「5文型の概要」について学習しました

3-1:前回のふせんを投影し、生徒に説明します

【POINT】ノートは保存されておりますので、前回の学習を忘れてしまった人は保存されたふせんを読んで効率的に復習することができます

◇STEP4: 本日は<文構造>について、<第2文型>の学習の概要をまとめたふせんを配布、続いて透明なふせんも配布し、ふせんを重ねながら確認します

4-1:水色の例文のふせんを配布し、SVCの単語をイメージし易くさせます

※)左右のふせんを重ねます   

【POINT】透明ふせんで答えや解説を重ねてわかりやすく確認でき生徒の意欲を高めます

     

◇STEP5: SVCの文型で用いられる動詞のふせんを配布し、学習します

5-1:EX-wordふせんを生徒に配布します

【POINT】授業のプリント・辞書・文法書・板書を画面上に一括管理することで、視点がばらけず効果的に学習することができます

◇STEP6: 「総合英語 Evergreen」(いいずな書店)にあるSVCの文型で用いられる動詞を暗記します

6-1:暗記するEX-wordふせんを生徒に説明します

【POINT】SVCの文型で用いられる動詞をEX-wordふせんの解説より理解を深めることができます

お問い合わせ・お申し込み

サービスに関するお問い合わせは
こちら

※トライアル版お申し込みは教師、学校・自治体関係者に限らせていただきます

トライアル版のお申し込みは
こちら

こちらも
ご覧下さい

Select a location